ミスターきたまるのお一人様

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

渋いところで(笑)

本日のお一人様は。。。
渋い所で「馬刺」と「お刺身各種」である。

皆さんは普通の居酒屋さんで刺身というと何を頼むだろう。。。
マグロ、サーモン、えび、ホタテ。。。??。
それはそれで旨いし、美味しい旬の店なら満足感も大きいだろう。
個人的にきたまるの中トロやほたてなどは、味も鮮度も良く大好きである。

刺身。和食の基本であろう。
材料や保存の善し悪しは勿論、包丁人の切り方一つで味が変わるのも醍醐味である。

些か前置きが長くなったが。。。(苦笑)。
本日私がセレクトしたお刺身は、、、

まずは青森の馬刺。
これはお魚ではないのであるが。。。。きたまるの隠れた名品で安定した美味しさ。
サッパリしつつもキチンと旨味のある肉と、脂身のたて髪の組み合わせが妙。
日本酒や焼酎好きの方にはまたとない酒肴になるし、味に煩い女性にもおすすめ。

そして、最近の大人気商品である「岩内 たちかま」と、
私の大好物「料理長お手製のシメサバ」と、
コリッとした新鮮な「つぶ」の盛り合わせ。。。。

岩内たちかまは、同じく生魚ではないが、まさに「お刺身」という食感とたちの風味。
シメサバは、きたまる料理の真摯さを感じる定番の逸品。
そして「つぶ」はさすがの食材でまるでアワビのようである。
この辺のラインナップが、やはり普通の居酒屋さんで食べる「まあこんなものかな?」
という刺身とは違い、常に新鮮な小さな驚きと感動がある。

思わず独り言が口をつく。。。
「うまい」。。。

大人の夕食。。。30年として、365日×30=10950回。
限られた「食」と言う名の大切な営み。
特に贅を尽くす必要はないが、そこにやはり「満足」や「歓び」というエッセンスが
あるのは幸せなことではないだろうか。。。

きたまるの刺身のしあわせ。
その根底には北○の粋と、食に対する良心があるように思った。
(しかもお財布に優しい/笑)

うん、やはりこのオープンキッチンは、食の特等席である。

P1110026.jpg


P1110025.jpg







スポンサーサイト
  1. 2008/01/22(火) 13:45:46|
  2. 旬の味覚
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<1月も。。。 | ホーム | うん、面白い!。初物ずくし!。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://misterkitamaru.blog110.fc2.com/tb.php/45-8d770cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

3ヶ月で一人の大好きな彼女を作る基礎からの恋愛講座

あなたがどんな恋愛初心者でも3ヶ月後には隣に彼女がいることでしょう…仮に… 年齢=彼女いない歴、気付けばもう30近い…当然童貞。結婚出来るかどうかも分からず、将来に希望もない。 そんな絶望的な状態でも、3ヶ月後にあなたの隣に大切な彼女がいることをお約束し...
  1. 2008/01/22(火) 16:05:52 |
  2. 3ヶ月で一人の大好きな彼女を作る基礎からの恋愛講座,渋いところで(笑)

プロフィール

kitamaru

Author:kitamaru
食べ物は勿論、多趣味な髭オヤジ。
北○(きたまる)のオープンキッチンにて、お一人様で旬を味わうのが至福の時間。
実は関係者・・・というか、お店を経営するオフィスの代表者。
ただ、お店では皿も洗えないし、料理も出来ず、たた食べるのみの
役立たず・・・?(笑)。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。